普導丸(ふどうがん)は自然の七種類の生薬をバランスよく配合したお薬です。ふらふら,むかむか、めまい、車酔い、二日酔い、口臭、気分不快に効果があります。

二百年の歴史 伝承の生薬専門

日野製薬
伝統の天然生薬 製剤
line


伝承薬資料館江戸時代の修験者から伝わる
        
伝承の生薬

二百年の時を越えて、愛され続けた自然の恵み 
伝承の生薬。
信州の木曽御嶽山麓はかつて薬草の宝庫と呼ばれ、良質の生薬(キハダ)が採取されました。江戸の後期、木曽御嶽山を開いた修験者により、キハダを用いた胃腸薬の製法がもたらされました。


日野製薬の製剤技術
木曽御嶽の麓で培った製剤技術
        200年の歴史と発展

日野製薬は家伝薬の時代から百草を作り続けてきました。 200年以上にわたり積み重ねてきた伝承の技術と知恵を活かし、キハダ(オウバク)を中心に数種類の生薬をバランスよく配合した数々の製剤を生み出しました。さらに、今後も研究開発にも力を注いでまいります。


日野製薬株式会社は、
伝統の生薬及び製剤技術を 確かな形で次世代へと受け継ぎ、
皆様の健康と安心のために、努力してまいります。